【夫が家事/育児をすべき本当の理由】離婚した男は短命で自殺率も高い!

悩み

家事育児で使えない夫を協力的にする!

この記事は使えない夫を協力的にするための『殺し文句』を考えた記事です。

家事育児で使えない非協力的な夫を説得するための記事なので、とにかく読みやすさを追求して端的に書いていきます。
また、太文字・赤文字を追うだけで内容は把握できるようにしたので時間がない方は太赤文字だけ読んでください。

男は離婚すると寿命が縮む

結論から言ってしまうと、統計としては離婚男性の寿命は本当に短いです。

荒川和彦さんが統計を用いて解説されているので、詳細を知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

https://toyokeizai.net/articles/-/333980?page=2

この統計からざっくり読み取ると、配偶者がいる男性の平均寿命は『80歳頃』、離婚男性は『70歳頃』になっています。

離婚すると10歳ほど短命になるということですね。

男が『離婚』『未婚』で早死にする理由

興味がある方向けにちょっと深堀りしますね。

ここで、また先ほどの荒川さんが別の切り口で記事を書いているので、興味がある方はこちらの記事も参考にしてください。

https://toyokeizai.net/articles/-/206540?page=2

この統計によると、未婚男性と離婚男性が既婚男性に比べて圧倒的に多い死亡原因が『糖尿病』『肝疾患』『腎不全』になっています。

つまり、男が離婚すると3大成人病のリスクがめっちゃ高まるということです。

妻に健康管理してもらえないことによって死亡率が上がるのか、あるいは自暴自棄になるとお酒が進む結果なのか、独り身だと食事が偏る影響なのか、色々なことが考えられます。

男が離婚すると自殺率がめちゃくちゃ高くなる!

また、僕としてはとても気になるのが、離婚男性の自殺率が非常に高いという事実です。

45〜64歳男性における普通に奥さんがいる男性の自殺率と比べて離婚した男性の自殺率は約6倍多いことが分かります。ちなみに、結婚したことがない男性は約2倍多く、妻と死別した男性は約3倍多い結果となっています。

つまり、45〜64歳の男の自殺率を考えると

結婚している男を1として、離婚した男は6倍、結婚したことない男は2倍、妻が死んじゃった男は3倍自殺しているということです。

この統計が45〜64歳の男性で集計されているので、働き盛り〜定年退職直前までの間にこれだけ自殺率が変わるとことになります。

自殺原因を考えてみる

これも興味がある方向けの深堀です。

離婚の理由は本当に様々あることは承知の上で、あくまでも仮定の話ですが『家庭よりも仕事を優先した結果として離婚することになり、孤独によって自殺に至ってしまう』なんてことが起きているとしたら、それこそ本末転倒じゃないでしょうか?

結婚したことない男と比べて離婚した男が3倍も自殺率が高いことに注目すれば、その理由をいくつか推測することができます。

最も考えられるのが、『後悔の念』から自暴自棄や思い詰めることが増えた結果としての自殺です。

次に考えられる大きな理由が、離婚によって子供が妻に引き取られた場合に、子供に会うことができないなどの『孤独感』が引き金になる自殺が考えられます。

このどちらも、未婚男性や死別男性には当てはまらない離婚男性の独特な精神状態であると言えます。

メンタリスト DaiGoさんの分析にもあった!

メンタリスト DaiGoさんのYouTubeにも男性が離婚しない方がいい理由についての放送回がありました。

分析

旦那は離婚に打たれ弱い

メンタリスト DaiGoさんは話の中で、離婚による精神的苦痛を金銭で考えみる調査の結果について話しています。

解説グラフ

男の離婚ショックは女の13倍

離婚したショックを金額にしてみた場合、女性がマイナス74万円だったのに対して、男性はマイナス916万円でした。

男の死別ショックは女の5倍

女性が夫と死別した際に受けるショックはマイナス1,100万円だったのに対して、男性が妻と死別した際に受けるショックはマイナス5,219万円でした。

結婚が全てではないが、結婚を選んだからには全うするのが良い

価値観が多様化する現代において『結婚することが幸せ』などと言うつもりはありません。

しかし、一度結婚した男性が離婚することで被るデメリットは『死亡率』だけをみても非常に大きいことが分かります。

『結婚をするのが当たり前』とか『親が結婚しろって言うから』などと言う人任せな理由で結婚をしてしまうと、その後の後悔につながる可能性が非常に高くなってしまいます。

結婚をするかどうかの選択を事前にきちんと自分で判断して、結婚するからには最後まで全うすることが幸せにつながると言えるでしょう。

『家庭を大切にさせること』は会社の義務

これまたちょっと余談ですが、会社が『家庭よりも仕事を優先させる』と言うことは、すなわち『その社員を使い捨てにする』ことと同じことです。

家庭よりも仕事を優先した結果、離婚になり、死亡リスクが高まる。それをみて見ぬふりをすると言うことは、社員を使い捨てにする行為そのものです。

あなたはそんな会社に入ってはいけません。旦那さんにもそれを教えてあげてください。

『福利厚生』はその会社の社員に対する心意気や想いが反映されるとても重要な指標なのです。

就職活動をする方達はこの点をしっかりと考えて、会社を選んで欲しいと思います。

また、家事や育児をしない旦那さんには、離婚することになった場合の怖い事実をちゃんと教えてあげてください。

白吉 健展

キャッチアップ

『ママけん』とはコミュニティ「ママの社会科見学」の略で、『育児のために自分の生活や人生を諦めることなくママ自身が輝こう!』というスローガンをもとに発足しました。

このママけんMediaは『ママけん』の活動の1つです。

育児をしながら学ぶことって、もちろん初めは少し大変で難しいこともありますが意外と有意義で楽しいものです。

自分と子供のためになると思えば、集中力ややる気も湧いて充実度2倍!

コロナの影響もあり、ご近所でのママコミュニティが難しい現状ですが、社会のIT化によりオンラインでのコミュニティ形成が手軽にできるようになりました。

現在、代表である白吉は男性の育児参加促進や、家庭内での家事分担の公平化などを通して家庭円満な家族を増やすことで、生活の質と教育の質が上がり社会がより良くなることを目標に活動を行っています。

コミュニティ参加に関わらず、何かお困りなことがあればメッセージなどでも受け付けていますので、お気軽のご連絡ください。

関連記事

pickup

おすすめ記事 助産師記事
  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 子育てアプリ『鬼から電話』とは?批判する専門家の意見と、それに対する私の疑問

  3. 赤ちゃんの『ねんねトレーニング(ネントレ)』とは?やり方や注意点、悪影響の有無の完全まとめ|おすすめ育児

  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 【助産師監修】妊婦の体重管理/産後うつ・産後クライシス/予防接種の是非に助産師3名と看護師が答える座談会

  3. 【助産師の母乳相談室】母乳育児や母乳の増やし方の疑問に助産師3名と看護師が答える座談会

  4. 【助産師監修】『母乳のつくられ方』について学びましょう!

  5. 【助産師監修】ストレスをためないこと~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.10~

<TCD WordPressテーマ>

<ドメイン取得なら>

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com