【助産師監修】母乳は血液!身体を温め母乳を増やそう~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.3~

母乳を増やすには冷え対策と血行促進が重要

助産師momo

助産師momo
皆さん、こんにちは。助産師momo です。
いきなりですが・・
御自身のおっぱいを触ってみてください。温かいですか?冷たいですか?

実は、母乳を増やすためには、身体を温めることがとても大切です。

身体を温めるだけで、母乳量がグッと増えることもあります。

また、授乳をする姿勢はとても肩が凝りますし、日常的な抱っこや寝かしつけで身体の至る所が凝ってしまいますよね。

しかし、この身体の凝りが母乳量を増やす妨げになっているおそれもあります。

母乳は血液からできている

聞いたことがあるかと思いますが、母乳は血液からできています。

もう少し厳密に言うと、乳房の毛細血管の血液がもとになって母乳がつくられています。

そのため、身体が冷えて血流が悪いと母乳がつくられにくくなります。

しかし、出産後1ヶ月は湯船につかれないので身体が冷えてしまいがちです。

湯船にもつかれない、薬も飲めない・・ただでさえ辛い状況下で踏んだり蹴ったりですよね。

そこで、出産後でも簡単に身体を温めることができる方法をお伝えします。

身体を温める方法

身体を温める食べ物をとる

根菜類やしょうががオススメです。

私自身、産後2ヶ月くらいは毎日のように豚汁を食べていました。

あとは、飲みものもなるべく温かいものにしましょう。

これから暑くなるので冷たいものを求めてしまいますが少し気をつけてみてください。

足湯

温かめのお湯にリラックスして足をつけましょう。1ヶ月健診後、入浴がOKになったら入浴がオススメです。

靴下をはく

足から身体は冷えやすいです。

サンダルを履く季節になりますがなるべく靴下をはくようにしましょう。

首肩鎖骨周りを温めるマッサージをする

首肩鎖骨周りには重要な筋肉やリンパがあります。

ここの筋肉をほぐしリンパを流すことで母乳の出はよくなります。

旦那さんにマッサージしてもらったりホットタオルなどをおいて温めてみてください。

まとめ『母乳は血液です』

しつこいですが、大事なことなのでもう一度言いました。

母乳は血液からできているので、身体を温め、血流をよくすることで母乳の出はよくなります。

このことをいつでも頭の片隅に置きながら、日常の中で少しずつ出来ることからやってみてください。

キャッチアップ

『ママけん』とはコミュニティ「ママの社会科見学」の略で、『育児のために自分の生活や人生を諦めることなくママ自身が輝こう!』というスローガンをもとに発足しました。

このママけんMediaは『ママけん』の活動の1つです。

育児をしながら学ぶことって、もちろん初めは少し大変で難しいこともありますが意外と有意義で楽しいものです。

自分と子供のためになると思えば、集中力ややる気も湧いて充実度2倍!

コロナの影響もあり、ご近所でのママコミュニティが難しい現状ですが、社会のIT化によりオンラインでのコミュニティ形成が手軽にできるようになりました。

現在、代表である白吉は男性の育児参加促進や、家庭内での家事分担の公平化などを通して家庭円満な家族を増やすことで、生活の質と教育の質が上がり社会がより良くなることを目標に活動を行っています。

コミュニティ参加に関わらず、何かお困りなことがあればメッセージなどでも受け付けていますので、お気軽のご連絡ください。

関連記事

pickup

おすすめ記事 助産師記事
  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 子育てアプリ『鬼から電話』とは?批判する専門家の意見と、それに対する私の疑問

  3. 赤ちゃんの『ねんねトレーニング(ネントレ)』とは?やり方や注意点、悪影響の有無の完全まとめ|おすすめ育児

  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 【助産師監修】妊婦の体重管理/産後うつ・産後クライシス/予防接種の是非に助産師3名と看護師が答える座談会

  3. 【助産師の母乳相談室】母乳育児や母乳の増やし方の疑問に助産師3名と看護師が答える座談会

  4. 【助産師監修】『母乳のつくられ方』について学びましょう!

  5. 【助産師監修】ストレスをためないこと~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.10~