【助産師監修】乳首が痛い時は無理しないこと~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.9~

助産師
momo

こんにちは!
助産師のmomoです。
母乳育児をするママさんが1度は悩む乳首の痛み……
親心としては痛みを我慢しても母乳をあげたいですよね。
でも、無理せず休むことも母乳育児にとっては大切なんです!

乳首の痛みで母乳量が減ってしまう

オキシトシン(幸せホルモン)は射乳をおこさせる母乳育児に重要なホルモンです

しかし

乳首の痛みなどのストレスがあるとオキシトシンの血中濃度は下がり射乳反射が弱くなります

射入反射とは

赤ちゃんに乳首を吸われると脳からオキシトシンというホルモンが分泌され、乳腺周囲の筋肉を収縮し母乳が押し出される反射のこと

射乳反射が弱くなることで母乳分泌が抑制されてしまい母乳の量が減ってしまいます

実際に乳首に炎症が起きていて痛みがある方は刺激やマッサージをしても母乳が湧いてくるまでに時間がかかる方が多いです

母乳育児を楽しむために

そしてなにより乳首の痛みは母乳育児をやめたくなる最大の要因です

乳首が痛いまま無理をして授乳をするとストレスからホルモンの分泌も抑制されてしまうしママの母乳育児への気持ちが折れてしまいます

わたしも乳首の痛みは経験しましたが想像以上の痛みでした

授乳の度に歯を食いしばっていました授乳が楽しい、幸せだと思えませんでした

なので、ミルクに頼りながら少しずつ乳首のコンディションを整え乳首の痛みがなくなる頃ようやく完母にすることができました

乳首の痛みに耐え完母にできる人も沢山いますがわたし個人的にはなるべく痛みなどストレスは少なく母乳育児を楽しんで欲しいとおもいます

なので乳首の痛い時はミルクに頼ったり授乳時間を左右各10分までにしたりしてもいいと思います

トラブルを予防しながら自分なりの母乳育児を

とにかく無理をせず乳首の痛みが悪化しないよう少しでも痛みがとれるようにすることが大切です

ただし、ミルクをあげて授乳間隔が空いてしまう時や授乳時間を制限した時には搾乳をすることをオススメします

乳頭のトラブルは吸い方や抱き方で予防できると言われています

出産してママも赤ちゃんも授乳ははじめてなので上手くいかないこともあると思いますが入院中に授乳の仕方を教えてもらい乳首のトラブルにならないよう予防できるといいですね

キャッチアップ

『ママけん』とはコミュニティ「ママの社会科見学」の略で、『育児のために自分の生活や人生を諦めることなくママ自身が輝こう!』というスローガンをもとに発足しました。

このママけんMediaは『ママけん』の活動の1つです。

育児をしながら学ぶことって、もちろん初めは少し大変で難しいこともありますが意外と有意義で楽しいものです。

自分と子供のためになると思えば、集中力ややる気も湧いて充実度2倍!

コロナの影響もあり、ご近所でのママコミュニティが難しい現状ですが、社会のIT化によりオンラインでのコミュニティ形成が手軽にできるようになりました。

現在、代表である白吉は男性の育児参加促進や、家庭内での家事分担の公平化などを通して家庭円満な家族を増やすことで、生活の質と教育の質が上がり社会がより良くなることを目標に活動を行っています。

コミュニティ参加に関わらず、何かお困りなことがあればメッセージなどでも受け付けていますので、お気軽のご連絡ください。

関連記事

pickup

おすすめ記事 助産師記事
  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 子育てアプリ『鬼から電話』とは?批判する専門家の意見と、それに対する私の疑問

  3. 赤ちゃんの『ねんねトレーニング(ネントレ)』とは?やり方や注意点、悪影響の有無の完全まとめ|おすすめ育児

  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 【助産師監修】妊婦の体重管理/産後うつ・産後クライシス/予防接種の是非に助産師3名と看護師が答える座談会

  3. 【助産師の母乳相談室】母乳育児や母乳の増やし方の疑問に助産師3名と看護師が答える座談会

  4. 【助産師監修】『母乳のつくられ方』について学びましょう!

  5. 【助産師監修】ストレスをためないこと~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.10~

<TCD WordPressテーマ>

<ドメイン取得なら>

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com