子育てアプリ『鬼から電話』とは?批判する専門家の意見と、それに対する私の疑問

育児アプリ『鬼から電話』とは

ざっくり言ってしまうと、子供がいうことを聞かない時に鬼から電話がかかってきて叱ってくれるアプリなんですね。

詳細は調べ・・というより、使ってみたら良いと思いますよ。

下のURLからどうぞ!

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oni.oni&hl=ja&gl=US

これに対する専門家の意見

最近、児童虐待のニュースが多くて心が痛みます。

この動きに呼応して、このような『子供を驚かせたり怖がらせたりすることでいうことを聞かせることは児童虐待だ!』という論調が、育児の専門家の中で多数見受けられます。

もちろん、ある意味では賛成で、むやみやたらに恐怖心を煽って大人のいうことを聞かせて、静かにさせるようなことは絶対に避けるべきだと思います。

しかし、だからと言って短絡的にこの『鬼から電話』が児童虐待だというのはあまりに一辺倒の思考停止ではないでしょうか?

なまはげや獅子舞、霊の存在意義とは

そもそも日本にはなまはげや獅子舞、あるいは霊やお化けといった催事ごとや政があります。

それは、全ての事物には言霊が宿っていて、物を無駄にすることがないように促す心の中の制御装置の役目であったり、あるいはある種の日本人としての見えない物差しを持つような慣しだったりするのではないかと私は思うのです。

なまはげにおける政(まつりごと)でトラウマになってその後人生で大きな支障があったり、獅子舞に噛まれたことで児童虐待と同様の精神的な疾患やPTSDが発症した事例は存在するのでしょうか?

それらのエビデンスもなく、短絡的に『怖がらせていうことを聞かせるのは虐待だ!』というのは、いかがなものでしょうか?

ご自身の生い立ちはどうだったのか?

当たり前のようにどこででも聞く言葉ですが『自分がやられて嫌なことは他人にはしないこと!』というお約束のセリフがあります。

『鬼から電話』などの存在を児童虐待だと言っている専門家の方達は、ご自身の育った環境の中でそのような魂であったり霊であったりお化けに対して何かトラウマやPTSDをお持ちなのでしょうか?

育ってきた環境や精神衛生において問題が生じたのでしょうか?

十把一絡げの思考が溢れかえる

私は、今言っているような専門家の方達を責めているわけではありません

専門家というからには、しっかりとして証拠や論文、調査、エビデンスをあげて、原因と結果の間の因果関係を証明してから結論を導き、それに対して意見をしなければいけないはずです。

それにも関わらず、気持ちや想い先行で意見を言い、その専門家がいうことでその専門家を信用する人たちがそれを信じて拡散して、原因も証拠も理由もないものがあたかも現実であるかのように広まっていき、もしかしたらそのようなことが最後には都市伝説になるのかもしれません。

専門家は専門家としての自覚と責任を持ちましょう

タイトルの通り、専門家と名乗るからにはそれなりの自覚と責任を持って欲しいものです。

Twitterは文字数の制限があるから、などという理由で気持ちや感情を一方的に発信するのはあまりに無責任です。もちろん個人として表現の自由はあるものの、ご自身の専門内容について発信をするのであればそれなりの責任があることくらいはご自覚頂きたいものです。

今回は『鬼から電話』というアプリから派生して最近思うことを書きました。

これは、この小さな事象についてだけではなく全てのことに当てはまると思います。ですので、読者の方たちは専門家の人が言っていることが本当にしっかりとしたエビデンスがあるのか、言っている内容において原因と結果が適切な因果関係で結びついているかなどを検討することをオススメします。

今回はめちゃくちゃ堅い内容になりましたが、参考にして頂ければ嬉しいです。

キャッチアップ

『ママけん』とはコミュニティ「ママの社会科見学」の略で、『育児のために自分の生活や人生を諦めることなくママ自身が輝こう!』というスローガンをもとに発足しました。

このママけんMediaは『ママけん』の活動の1つです。

育児をしながら学ぶことって、もちろん初めは少し大変で難しいこともありますが意外と有意義で楽しいものです。

自分と子供のためになると思えば、集中力ややる気も湧いて充実度2倍!

コロナの影響もあり、ご近所でのママコミュニティが難しい現状ですが、社会のIT化によりオンラインでのコミュニティ形成が手軽にできるようになりました。

現在、代表である白吉は男性の育児参加促進や、家庭内での家事分担の公平化などを通して家庭円満な家族を増やすことで、生活の質と教育の質が上がり社会がより良くなることを目標に活動を行っています。

コミュニティ参加に関わらず、何かお困りなことがあればメッセージなどでも受け付けていますので、お気軽のご連絡ください。

関連記事

pickup

おすすめ記事 助産師記事
  1. 資料の代わりに!6/1

  2. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  3. 子育てアプリ『鬼から電話』とは?批判する専門家の意見と、それに対する私の疑問

  1. 【助産師監修:授乳法まとめ】助産師がおすすめする母乳を増やす授乳法10を一挙公開

  2. 【助産師監修】妊婦の体重管理/産後うつ・産後クライシス/予防接種の是非に助産師3名と看護師が答える座談会

  3. 【助産師の母乳相談室】母乳育児や母乳の増やし方の疑問に助産師3名と看護師が答える座談会

  4. 【助産師監修】『母乳のつくられ方』について学びましょう!

  5. 【助産師監修】ストレスをためないこと~助産師が教える母乳を増やす10の方法 vol.10~